便秘と花粉症には乳酸菌が良いみたい

便秘がちでかつ花粉症の私。毎年春にはマスクがかかせません。

 

花粉症は腸内環境が悪い事から起こると聞くので、ヨーグルトやキムチなど乳酸菌が含まれているものは毎日食べるようにしています。

 

乳酸菌を摂るようになってから花粉症の症状は一時期よりも治まって、薬は飲まなくても春をしのげるようになりました。

 

やっぱり効果があるのかな。

 

でも便秘の方はなかなかOKっていうわけにはいきません。

 

調子が良い時があれば、どうしたのかなっていう時もあります。

 

気づいたのは乳酸菌を食べるだけでは、足りないって事。食物繊維が不足すると便秘がちになるようです。

 

食物繊維はお腹の中で乳酸菌を増やす働きをするそうなので、やっぱり乳酸菌を補うだけではなくエサも必要なんですね。

 

乳酸菌サプリの中には食物繊維をプラスした物もあるらしいので、そういうのを飲むと一気に便秘は解消できるかもって最近思うようになりました。

 

それにヨーグルトを食べるよりサプリで飲んだほうが、乳酸菌の量が違うみたいですね。一度頼んでみようかな。

 

腸内環境を整えるには便秘しないこと

腸内環境を整えるためには、まず便秘をしないようにして腸内に悪玉菌を増やさないことです。

 

 

 

便秘をしないために私は朝起きたらまず白湯を飲むようにしています。コップ1杯でよいのです。それまで便秘に悩まされて便秘薬を飲んだりしていましたが効きすぎたり効かなかったりうまくお通じをコントロールできませんでした。

 

 

 

ところが、起き抜けの白湯を飲み始めたら、白湯を飲んで朝ごはんを食べて20−30分立つと便意がしっかりするようになり、問題なくお通じがつくようになりました。

 

 

 

サプリを買う必要もないですし、体に余計な負担もかけませんし、良いことづくめです。そうしてお通じが毎朝つくようになると、ガスがたまることも無くなりました。日中人と会っているときにガスがたまってくると落ち着かなくて嫌な思いをしていましたが、腸内環境がよくなったためかそういうことも激減し、今では快適生活を送れています。

 

 

 

あとは、善玉菌を増やしておくのは良いことだと思い、ヨーグルトは時々食べるようにしています。そのおかげもあってか、ここ何年も便秘知らずです。